鍼灸治療について

 

~鍼灸は自然治癒力を高める~

針灸治療は、体にあるツボに鍼やお灸をすることにより、自然治癒力を高めます。
体が本来持っている、自然治癒力を引き出す、あるいは高めるもので安心で安全な施術と言われています。

古代中国で始まったものですが、日本に入ってきたあとは日本の風土や日本人の体に合うように変化してきました。
今はアジアのみならず世界でも広がりをみせ、医療、生活の中に取り入れているものです。
日本では、総合病院の中に取り入れられる数が増えてきました。

病院でも、鍼灸や漢方を処方される先生も増加傾向になってきました。
また、米国でも34州以上で鍼師の資格制度があり年間1千万人以上の人が治療を受けています。

鍼灸で使うツボは、およそ365(時代や国、団体の規定で差があります)あります。ツボに刺激を与えることで症状の改善をめざします。

鍼灸治療について

 

ケガや病気をしても、時間がたてばある程度治るように、人の体には自然治癒力があります。

ツボを刺激することにより、自然治癒力を最大限に引き出すことが可能となります。

体に鍼や灸をすることにより、血流の改善、内臓機能、自律神経の働きを正常化し、免疫機能をアップすることが分かっています。

 

痛みにも効くの?

 

痛みについても鍼灸は効果があり科学的な説がいくつかあります。

・血液循環改善 筋肉の緊張をゆるめて血液循環の改善と冷えをとります。

・経穴の刺激で、痛みを自覚する痛覚の閾値が上昇し結果的に痛みを抑制する。

・ゲートコントロールセオリー 鍼刺激が脊髄で痛みを抑制します。

・エンドルフィン 鍼刺激がモルヒネ様物質を生成し痛みを抑制します。

・末梢神経遮断効果 鍼刺激が痛みの神経に伝わる興奮(インパルス)を遮断します。

 

 

WHO(世界保健機関)で、以下の症状での鍼灸治療の有効性が認められています。

[神経性疾患] 神経痛・神経麻痺・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症

[運動器系疾患] 関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷

[循環器系疾患] 高血圧低血圧症・動悸・息切れ

[呼吸器系疾患] 気管支炎・喘息・風邪および予防

[消化器系疾患] 肝機能障害・胃炎・消化不良・胃下垂・胃酸過多・下痢・便秘

[代謝内分泌性疾患] バセドウ病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

[泌尿器系疾患] 膀胱炎

[婦人科系疾患] 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え症・不妊

[耳鼻咽喉科系疾患】 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエール病・アレルギー性鼻炎(花粉症など)

[眼科系疾患] 眼精疲労・仮性近視・疲れ目

[小児科系疾患] 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜尿症)・虚弱体質の改善

 

当院の鍼は全て、使い捨てを使用しており、衛生面も安心して、施術を受けていただけます。

 

 

施術料金

 

30分     4200

 

60分     8000

 

初回体験あります