明はりきゅう院 >  綺麗と健康と飮食 > 夏を健康に過ごすために 夏バテの原因と予防 

夏を健康に過ごすために 夏バテの原因と予防 

夏バテの原因は?

 

夏になると、

 

・元気が出ない

 

・食欲が出ない

 

・体がだるい・・・

 

などなど、所謂夏バテがでてきます

 

夏バテしてしまうと、せっかくの夏が楽しめません。

 

夏バテの原因は、複数あります

 

・日本の夏が高温多湿で、なにもしなくても体力が奪われる

 

・体の働きを整える栄養が足りない

 

・体を冷やしてしまう

 

などが考えれます。

 

夏にとりたい栄養素

 

日本の夏は高温多湿ですので、暑さで体力や汗が出ていきます。

 

汗は、水分で汗が出るほど体の中の水分が出ていきます

 

また汗とともに、体に必要な栄養素も出ていってしまいます。

 

 

汗をかくほど、水分補給は必須ですが、さらに必要な栄養素の吸収も必要です。

 

夏バテに関係する栄養は

 

・ビタミンB、A、C・・・代謝を助ける物質です

 

・タンパク質・・・体をつくる栄養素

 

・ミネラル・・・組織の構成、体の働きを整えます

 

・アリシン・・・ビタミンB1の吸収に関与

 

・クエン酸・・・疲労回復

 

などです。

 

つまり、水のみを飲んでいても、必須の栄養素が補給できないので、体がだるいままになります

 

特に塩や果物、野菜、タンパク質はお肉も必要ですね。

 

塩は、こちらがオススメ

 

塩をとると高血圧などと考えられる人がいます、塩は必要なものであり、バランスが大事です。

 

一部の食事法では、果物や野菜をとりませんが、暑い地域では果物がよくできます、暑さに対しては果物なども必要ですね。

 

昔の日本と今の日本は温度が違います、温度が違えば食事に対する考え方も変えたほうがオススメです。

 

これらの栄養素が足りていないと、

 

体の働きを整える栄養素が足りない → 暑さで出ていく → さらにだるくなり食欲、体力低下 → 栄養素がとりにくくなる

 

などの循環になってしまうので要注意!

 

体を冷やさないように

 

体を冷やすと、内臓機能が低下します。

 

気付かずに、体を冷やしていることが多いので、以下の点に注意してくださいませ。

 

・夏場でも湯船につかる

 

夏になると、湯船につからずにシャワーですます人が多いですが、夏場でも湯船に使っていただくのがオススメです。

 

 

・エアコンを控えめに

 

温度を管理する必要があります。しかし、エアコンを使いすぎると体を冷やしてしまします、涼しいからちょっと暑いくらいかなという温度に調整してみてください。

 

・飲み物を飲む時は、氷を少なく

 

夏は冷たいものが美味しいです。でも飲みすぎると冷やしてしまいます。

朝一は白湯を飲んでいただくことと、冷蔵庫で冷やしたものは、なるべく氷を入れてさらに冷やさずにそのまま飲んでいただければと思います。

 

夏を楽しんで貰うために

 

今年の夏を、楽しんで頂けますように、上記のことを参考にしていただければと思います。