明はりきゅう院 >  美容・健康法 > 防寒対策はこちら

防寒対策はこちら

防寒対策は何が良いの?

 

美容や健康の施術にあたらせていただいて、

 

「カイロはどこに貼った方がいい?」

 

「暖房の使い方は?」

 

「湯たんぽって良いですか?」

 

などご相談を受けます(^^)

 

寒いですから、温めることは必要ですが、どういう順番で温めると良いかという問題があります。

 

 

大まかな分け方

 

上田の中では、3つに分けています。

 

良い、、、体の体温、血流が上がることでの寒さ対策。

 

普通、、、体温の保持、自然なものを使っての対策。

 

対処法、、、人工的な物を使っての対策。

 

対処法として

 

こちらは人口的な防寒になります。

 

寒いときに、思いつくのが、カイロですね。

 

 

また、就寝時の電気毛布になります。

 

これらは、対処法としては防寒になります。

 

場合によっては、オススメ出来ない場合もあり、よりオススメな方法が次になります。

 

自然なものや、体温の保持

 

あなたの体温を保持したり、自然なもので温める方法です。

 

例えば、服で温める。

 

 

保温効果のある、素材や着込むことですね。

 

着る場合も、肌につける下着や靴下などは基本的には天然素材が良いですね。

 

※最近では質の良い保温効果のある、合成の良いものがあります、それはオススメです。

 

就寝時は、湯たんぽがオススメです。

 

湯たんぽの中では、陶器製がオススメです。

 

 

1番は熱を作る作用を高めること

 

1番は体の熱を作る作用を高めての防寒対策です。

 

日本人の平均体温は、約50年前は36,8だったと言われています。

 

最近では、36,2とも言われています。

 

こちらは、日本での当たり前の生活(急激な環境の変化)が原因です、当たり前の生活は体温を落とすことに繋がってしまうのが、今の日本の現状です・・・

 

体温の低下は、血流の低下、免疫の低下、また婦人科疾患、不妊にも繋がり、精神疾患にも繋がります。

 

東洋医学では、昔から

 

「冷えは万病の元」と言われています。

 

ですので、体温を高める事、血流を上げての対策が1番良い対策となります。

 

具体的な方法は、沢山ありますが。

 

食事の改善。

 

日常生活の改善。

 

運動。

 

体を整える。(セルフでも他者でも)

 

などになります。

 

治療を受け初めの頃は体温は低くて、服を着込んでいた方が、施術を続けていくと、体温が上がってきます。

 

すると、

 

自然と着る枚数が減ってくる

 

薄着になってくる

 

靴下を履かなくなってくる

 

などの変化が出てきます。

 

※適切な施術と日常生活の改善を組み合わせて、早い人で3ヶ月はかかります。

またチェックをすると、良いと思ってされている事が逆効果の場合もあります。

 

冷えには靴下が良いと言われます。

 

冷え取り健康法では、絹、綿の靴下を重ね履きされます。

 

これもある意味では、効果があります。

 

でも、ある一定を超えると逆効果の場合があります。

 

子供は、比較的血流が良くて、体温が高いです。

※言葉を変えれば健康体ですね。

 

ですので、子供、赤ちゃんは靴下を嫌がったり、冬場でも半ズボンの子供を見かけるのですね。

 

このように、血流の改善、体温アップでの防寒対策が1番のオススメです(^^)

 

こちらは、もちろん健康も美容もアップしますよ。

 

体温を高めたい方は気軽にご相談ください(^^)

 

施術+日常生活の改善が1番の効果があります。

 

また、こちらの記事は一般的になります。

 

人により、体質により、現状により、何から始めるかはケースバイケースになります。

 

参考にしていただくと良いと思います。