明はりきゅう院 >  氣功 > 水の「真」力より 

水の「真」力より 

氣は波動としての側面も

 

氣は波動としての側面もあります。

 

波動を理解するのに、オススメの本があります。

 

江本勝氏の本より引用です。

 

物も場所も文字も言葉も全て、固有の振動数があります。

 

それにより、相互に影響を与えあっています。

 

水に色々な文字や言葉で結晶が変化します。

 

また、感情と病位の関係も書かれています。

 

病気の原因が、遺伝情報

 

病気の原因は、親から受け継いだ体質、遺伝に関係する場合もあります。

 

そちらについても書かれています。

 

「遺伝とは、父母、それよりもはるか以前の先祖がもっていた情報が、その人に取り込まれていることを意味します」

 

「この遺伝情報を正確に捉え、そのひとつひとつを丹念に打ち消していかなければならないのです」

 

「何代にも渡る情報は、異なる層に残っています」

 

「人体には12の層があると考えていますが、1つ1つの層を当たって、病気に繋がる情報を消さねばなりません」

 

昔から病は氣からと言われているように

 

「ネガティブな感情に病は反応する」

 

「無視、無関心が1番よくない」

 

「良い波動、良い言葉を送る時は、完結系で」

 

 

食べ物の波動

 

食べ物の波動についても書かれています。

 

 

電子レンジや携帯電話の発する波動は良くなので、対処法として、良い波動を送ることをオススメされています。

「電子レンジを用いる時は、その食材と作ってくれた人に愛・感謝の気持ちを持ちましょう。」

 

「携帯電話で話す時は、明るい話題に限定しましょう」

 

ヒーリングに使える考え方

 

「ひとりひとりの波動を調べて、その人の振動の狂いを直す情報を転写させた水を作った」

 

ヒーリングに使える考えですね(^^)

 

以下の本より抜粋