明はりきゅう院 >  美容・健康法 > 老化現象 酸化とは

老化現象 酸化とは

抗酸化が美容と健康のテーマ

 

子供の頃や成人の頃は

 

体は元気いっぱいで

 

肌も透き通るような美肌

 

 

年齢とともに

 

健康がおち病気を患うようになったり

 

肌もたるみやシワがでてきます

 

これらは「老化現象」と言われるものです。

 

老化現象は

 

酸化糖化

 

が関係してきます。

 

美容と健康をアップ、維持を目的とするなら

 

酸化対策と糖化対策が必要になってきます

 

糖化対策はこちらから→ 「老化の要因 糖化とは」

 

酸化されたとは生体物質が電子を失うこと

 

抗酸化とは、字のごとく、酸化に抗うことです。

 

では、

 

酸化されたとは何かと考えると

 

生体物質から電子を奪われることです。

 

電子を与えてあげることが、「還元作用」です。

 

 

と言われても実感が少ないとおもいます。

 

人がいきているという事は生体活動をしている状態です。

 

この活動は当然ながらエネルギーの消費をすることで、エネルギーを作らなければなりませ。

 

酸素を使うと、他の物を使ってエネルギーを作るよりも役20倍獲得できます。

 

人の体では、食べたものを呼吸により取り込まれた酸素で燃焼して、エネルギーを作り出しています。

 

しかし、酸素は実は猛毒としての一面もあります。

 

酸素は生体を構成する物質から、電子を奪いダメージを与えます。

 

これを、「酸化された」と言います。

 

細胞が酸化されてダメージを受けることが老化や病気に深く関係するのです。

 

人の体はおよそ60兆個の細胞で構成されており、細胞はタンパク質、水などの生体物質からできています。

 

つまり、

 

生体物質の電子が奪われる(酸化される)→細胞の働きの低下→人の老化(美容、健康の低下、体のサビ)

 

になるわけです。

 

フリーラジカルとは

 

酸素は、原子核のまわりに16個の電子があります。

 

その中で14個はペアになっていて安定をしていますが、残りの2つはペアを作らずにいます。

 

このペアのない電子を「不対電子」といい、不対電子を持った分子や原子のことを「フリーラジカル」と呼ばれます。

 

電子は、ペアになると安定する性質があるので、生体物質から電子を奪っていくのです。

 

活性酸素について

 

酸素は、猛毒としての側面もあると先ほどお伝えしました。

 

酸素に由来する「活性酸素」は、酸素よりも有害が物質になります。

 

代表的なものは

 

・ヒドロキシルラジカル

 

・過酸化水素

 

・スーパーオキシド

 

です。

 

活性酸素は、免疫系で働き良い面もあるのですが、大量に発生すると良くありません。

 

発生する原因としては、

 

・ストレス

 

・電磁波

 

・薬の飲み過ぎ

 

・放射線、紫外線

 

・タバコ

 

・暴飲、暴食

 

・過度の運動

 

などです。

 

抗酸化の生活、抗酸化の食べ物

 

美容と健康のためには、抗酸化が大事です。

 

生活面では、ストレスのためない、規則正しい生活、自然にそくした生活をおすすめです。

 

紫外線対策も必要ですね。

 

抗酸化作用のある物は

 

ビタミンC

こちらも参考に : 「ビタミンCについて」

 

ビタミンE

 

ポリフェノール

 

リコピン

 

βカロチン

 

などがオススメです(^^)

 

抗酸化作用で、美容と健康をゲットしてくださいませ。