明はりきゅう院 >  東洋医学について > 腰痛と脳 不安、恐怖、ストレスが原因か? ヘルニアも自然消滅

腰痛と脳 不安、恐怖、ストレスが原因か? ヘルニアも自然消滅

腰痛の時の脳の反応

 

前回の腰痛の記事では、筋肉と腰痛について書かせていただきました。

 

参考記事→( 腰痛には緩める )

 

実際のケースでも、

 

・レントゲンでヘルニアが出ても、痛みがない方がいる

 

・レントゲンで綺麗な骨格でも、痛みがでている方がいる

 

という時点で、骨格のみで腰痛を判断するのは難しいですね。

※骨の変形は80歳代では、90%以上の人に認められて、変形が痛みの原因であれば、80歳以上の人はほぼ全ての人が腰痛持ちになってしまいます

 

ですので画像診断では、85%の方が原因不明になってしまうのですね。

 

 

ということで筋肉の緊張が、およそ半数以上の腰痛の原因という事が推測できるわけです。

 

そして、神経を通じて、脳が感じて、「痛み」が発生します。

 

脳が興奮して、痛みを感じるのですが、この時に「DLPFC」と呼ばれる部分が関与していると研究があります。

 

DLPFCとは?

 

ここは何をしているかと言うと、

 

脳が興奮、痛みを感じた後に、鎮める働きをするようです。

 

つまり、痛みの緩和、軽減ですね。

 

脳の痛みの反応、興奮が収まれば痛みがなくなりますから

 

慢性で腰痛を感じる人は、この部分の活動が低下しているという研究が、2011年カナダ・マギル大学であります。

 

 

興奮を鎮めることができないので、痛みが長引き慢性化してしまうのですね・・・

 

働きが低下する原因

 

では、なぜ働きが低下するかと言うと

 

不安・恐怖・ストレスといったものです

 

 

不安や恐怖の感情、ストレスで腰痛の悪化するケースがあるのが納得ですね

 

東洋医学では、昔からいわれていた

 

東洋医学で施術にあたるものとして、この結果は昔から言われてきたことの証明になるなと感じました。

 

鍼灸では、五行論を使って施術にあたります。

 

この時に、

 

不安は腎に関係して、腎は腰痛を引き起こします

 

東洋医学で言われていたことが科学的に実証されて言ってますね。

 

対処法は?

 

では対処法というと

 

軽い運動をしながらだんだんと、

 

ここまで動かせるなど、少しずつ認識を変えていきます

※こちらには筋肉を緩める目的も含まれています

 

 

また、ストレスが原因なので、

 

ストレスケアもオススメです

 

日記をつけて、

 

どんな時に痛いや、痛みの変化を観察する方法もあります

 

効果的に緩める場合は、鍼灸を始めとした施術の組み合わせ、信頼のおける先生とのカウンセリングなども非常に有効です。

 

当院では、潜在意識の書き換えも同時に行っています。

 

ヘルニアについて

 

ヘルニアといえば重症のイメージが強いです。

 

でも、当院で施術でも見かけますが、手術しかないと言われていたのが、痛みもしびれも感じなくなった

 

など見かける光景です。

 

今では、飛び出たヘルニアもマクロファージが食べて、綺麗になっているなども画像診断でも言われています。

 

90%は自然消失もするとの話しもあります。

 

手術は、もちろん効果がありますがたまにリスクもあります。

 

手術は最終手段にされて、まずは、他の方法で腰痛が軽減されて、人生が良くなりますようにと書かせていただきました。

 

腰痛でお悩みのあなたのお役に立てれば幸いです。